お仕事カタログ

建築・設備系(施工管理)の仕事とは

施工管理は建物や設備、あるいは土木工事の現場において、工事全体の管理をする仕事です。
工事現場で実際に建築物を造っていくのは、大工、電気工、塗装工などの職人・作業員たちです。
施工管理は、施工を実際に行う職人・作業員を管理し、工事進行を調節したり、資材発注や作業の安全確保など、調節や段取りをするのが主な仕事になります。

具体的な仕事内容としては、作業の進捗を管理する「工程管理」、資材の寸法や強度を管理する「品質管理」、決められた予算で工事を進める「原価管理」と職人・作業員の安全を守る「安全管理」などが挙げられます。
また、各工事現場には施工管理技士の有資格者が必ず1人以上は必要になります。

工程管理 工事が納期までに完成するように、作業員や必要な重機の手配、作業の進捗管理など、全体のスケジュールを管理します。工程管理が上手くいかないと工期の遅れに繋がるため、工程表通りに作業が進んでいるかをチェックし、必要に応じて調整を行います。
品質管理 工事で使用する材料の寸法や品質が、設計図や仕様書にある規格を満たしているかをチェックしたり、完成時の建物の強度や密度が規定を満たしているかを管理し、求められている品質や基準に沿ったものが作れるように管理します。
原価管理 工事現場における人件費や材料費の原価を計算し、あらかじめ決めた予算内で工事を完成させられるように原価を管理することです。
安全管理 現場に携わる職人や作業員の安全を守るために、必要な設備や環境を整える業務です。
危険が伴う現場で安全に作業できるよう、手すりや消化設備の設置、使用機材の安全点検など、安全面を管理します。

施工管理と現場監督の違い

現場監督は工事現場における作業員への指示や工事の進捗など、工事現場の管理を中心に行う仕事です。
施工管理には「施工管理技士」という国家資格がありますが、現場監督に関する資格はないので、現場経験が豊富でリーダーシップの取れる叩き上げの職人・作業員が現場監督を務めることもあります。

施工管理の魅力

施工管理の仕事は、新規の工事だけでなく、老朽化による建て替えなどもあり、簡単に衰退することはありません。建物がある限り仕事があるという安定性は魅力の一つです。
また経験を積み重ね、大きな仕事に携わることができれば、いわゆる「地図に残る」仕事に携わることができます。

更に、マルチタスクが求められる責任の大きな仕事であることから、給与が高いという特徴があります。
技術的なサポートや事務処理能力、職人との信頼関係など、求められる領域は多岐にわたり、決して簡単な仕事ではありませんが、給与という金銭面で相応の評価があると大きなやりがいに繋がるはずです。

安定した需要

安定した需要

地図に残る仕事

地図に残る仕事

高収入も可能

高収入も可能

上記のように社会からのニーズがあり、魅力のある仕事ではありますが、一方で働き手が不足しているといった状況が続いているのも事実です。
この仕事について更に詳しい内容をお知りになりたい方は、下記のリンクボタンよりご確認ください。